フィラリア薬のあげ忘れに気がついたのですがすぐに飲ませて大丈夫ですか?

フィプロフォート最安値ポータルコレクションへようこそ!本インターネットサイトはフィプロフォートに対しての情報が豊富だから、フィプロフォートビギナーのお客様から見識の深いお客様まで充実した内容のページになっております。 - フィラリア薬のあげ忘れに気がついたのですがすぐに飲ませて大丈夫ですか?

フィプロフォート最安値ポータルコレクション

フィラリア薬のあげ忘れに気がついたのですがすぐに飲ませて大丈夫ですか?

まずフィラリア薬というのは、蚊から移されてしまった子虫が心臓に寄生する前に退治するための内服薬なります。飲ませたから予防できるというものではなく、飲んでいる間は体内に入ってしまった子虫を駆除できるというものです。ですから、飲んでいない間は無防備な状態になってしまい、子虫が成虫になって心臓に移行してしまう危険性が高まってしまいます。
感染してしまったら身体に負担がかかる処置を施さなければなりませんので、だからこそ薬を飲み続けることが重要です。

あげ忘れに気がついたときには

一ヶ月ごとに与えるフィラリア薬をあげ忘れてしまったら、すぐにまた与えてください。忘れてしまっていた期間にもよりますが、2週間程度であればフィラリアに感染してしまう危険性も少なくほぼ問題がないといえます。
薬を飲まなかった間に万が一感染してしまった可能性が気になりますが、これに関してはすぐに検査を受けたところでわかりません。フィラリアというのは血液検査で調べますが、感染から半年以上経たなければ検出が不可能だからです。しかし、だからといってその間にフィラリア薬を全く飲まなければ、ますますフィラリア感染の危険性に晒してしまうことになります。そのため、薬をあげ忘れた場合にはそのまま再び与え始めて、翌年に予防薬を処方してもらう際にきちんと検査を行うことが大切です。

一ヶ月ごとに薬を与える意味

予防のために飲み続けるフィラリア薬は、寄生した直後の幼虫期の間に駆除することが目的で投与するものになります。放っておくと約2ヶ月の間に皮膚の下でどんどん成長していき、それが血管に入り込んで心臓に寄生してしまうことで深刻な症状を引き起こしてしまうのです。
これを阻止し、子虫が成長して血管に侵入をする前に退治をする必要がありますので、成長の早い虫がいる可能性を考慮して2ヶ月よりも少し短い期間、1ヶ月から1ヶ月半を目安にして駆虫薬を摂取しなければなりません。だからこそ定期的に飲み続けることが大切になってきますし、飲み忘れに気がついたらただちに投与することが望ましいのです。

定期的に与えられるように充分に注意を

こうしたことから、2ヶ月も3ヶ月も薬をあげ忘れてしまうのは非常に危険だということがわかります。予防のための薬が効かなくなってしまったら大切なペットに大きな負担がかかる治療を受けさせなければなりません。
月初め、月末などわかりやすい日にしっかりと投与し、アプリやメールなどの通知サービスを利用してきちんと与えることを心がけてください。

フィプロフォート最安値ポータルコレクションTOPへ

Copyright(C)2016 www.bombacarta.net All Rights Reserved.