フィラリアの薬にはどんな種類があるのですか?

フィプロフォート最安値ポータルコレクションへようこそ!本インターネットサイトはフィプロフォートに対しての情報が豊富だから、フィプロフォートビギナーのお客様から見識の深いお客様まで充実した内容のページになっております。 - フィラリアの薬にはどんな種類があるのですか?

フィプロフォート最安値ポータルコレクション

フィラリアの薬にはどんな種類があるのですか?

蚊が出始める季節になると心配になってくるフィラリアですが、感染して深刻化してしまったら最悪の場合死を招いてしまう危険な病気です。しっかりと予防をしていつでも駆除できるようにしておかなければなりません。
そのためのフィラリア薬には複数種類がありますので、簡単に解説をしていきましょう。

経口摂取するタイプ

一般的には、錠剤やチュアブルを月に一度経口摂取させている飼い主のかたが多く見られます。錠剤は口を開いて喉に押し込むか好物の餌に混ぜるなどして飲んでもらいますので、上手に飲むことができる子であれば問題ありません。ですが、錠剤を飲むのが苦手だったり食べ物に敏感なタイプの子には少々不向きです。チュアブルタイプであれば味がついていますので、嗜好に合えば美味しく食べてもらえます。
料金的には錠剤タイプのものが比較的低価格ですが、吐き出してしまうといつまでも苦い味が口に残ってしまいペットには苦痛です。チュアブルタイプは食べやすいのですが錠剤に比べると高めですので、ペットのタイプに合わせて摂取させるようにしてください。

滴下または注射での投与

薬の経口摂取が苦手なペットには滴下タイプの薬が向いています。首筋に垂らすことで効果を発揮しますが、若干値段が張りますのでどうしても薬を飲むことができなければ考慮してみてください。そして、皮膚に垂らすだけでも錠剤と同じように副作用の心配は出てきますので、くれぐれもペットの体調には気を配りましょう。また、投与したあとは4日程度シャンプーを控える必要もあります。
次に注射ですが、こちらは一度打つと半年から一年は効果が持続します。薬の飲み忘れを心配しなくてもいいという点では安心ですが、ただし効果が強い分副作用が出やすいので獣医師とよく相談の上で決めてください。

薬の投与後は様子を観察すること

どんな薬であってもペットの体には負担がかかってしまいます。深刻な事態を引き起こすフィラリアの予防のためには必要なことですが、投与後は注意深く様子を見守るようにしてください。
少しでもおかしいところが見つかったら、すぐに獣医師の診察を受けることが大切です。

フィプロフォート最安値ポータルコレクションTOPへ

Copyright(C)2016 www.bombacarta.net All Rights Reserved.