フィプロフォート最安値ポータルコレクション

フィプロフォート最安値ポータルコレクションへようこそ!本インターネットサイトはフィプロフォートに対しての情報が豊富だから、フィプロフォートビギナーのお客様から見識の深いお客様まで充実した内容のページになっております。 - フィプロフォートの使用方法・使い方について

フィプロフォート最安値ポータルコレクション

フィプロフォートの使用方法・使い方について

フィプロフォートについて

この薬はジェネリック医薬品であるため、フロントラインプラスよりも、安価で入手できるので愛犬家の多くの方が使用されています。最近ではノミ・マダニ駆除の人気を集めているフィプロフォートです。

ノミ・マダニ駆除薬として有名なフロントラインプラスのジェネリク医薬品がフィプロフォートになります。フィプロフォートに使用されている成分もフロントラインプラスと同一で、効果も一緒です。フィプロフォートのマダニに対する効果は48時間以内で100%の駆除をします。ノミに対しては、投与後18時間以内に100%の駆除をします。

フィプロフォートの有効成分のひとつである「フィプロニル」が犬の皮膚の下にある皮脂腺に流出して、体毛や被毛内に寄生しているノミ・マダニを駆除していきます。また、ノミ・マダニ以外にも、シラミやハジラミも100%駆除します。ノミの成虫だけではなく、卵や幼虫、さなぎまでも100%駆除ができる駆除薬です。

フィプロフォートの使用方法・使い方について

犬の体重別で投与する量が決められています。

●小型犬用…体重10kg未満で生後8週間以上の犬に対応できます。
●中型犬用…体重10kg~20kg
●大型犬用…体重20kg~40kg
●超大型犬用…体重40kg~60kg 4種類に分けられています。

フィプロフォートの使い方は、犬の肩甲骨(首の後ろの首筋)の被毛を、手やクシなどでかき分けて皮膚を出します。皮膚に直接、容器(ピペット)をあてて薬を押し出し皮膚に浸透させます。この時に1度に薬を浸透させるのではなく、数回に分けて、薬を浸透させるか、被毛をかき分けている場所を少しずらして、皮膚を新たに出して薬を浸透させ、数回に分けて行なうことで薬が簡単に全て使い果たせます。

ノミ・マダニなどの生息が活発になる春から秋にかけて投与期間6ヶ月から8カ月の間は月に1回の投与をすすめます。投与後2日間はシャンプーや泳ぎなどは止めてください。

フィプロフォートの効果について

生後8週間後から安全に効果的に使用ができることが認められています。また、妊娠中の犬や授乳中の犬にも投与を行えますので、ノミ・マダニの心配がなく過ごせます。フィプロフォートのノミ・マダニに対する効果は、1ヶ月に1回の投与で1ヶ月持続し、効果を高めます。万が一、投与する間隔が1ヶ月以上あいてしまった時は、その時点で投与を始め、その月から毎月1回投与するようにしましょう。

効果については、先述でも説明しましたが、マダニは48時間以内で100%駆除効果、ノミには18時間以内で100%駆除効果があり、卵や幼虫、さなぎの駆除も完璧にします。

犬にノミ・マダニアレルギー皮膚炎がある場合はとても有効な薬になりますので、犬のストレスが軽減されます。

フィプロフォートを投与することで、外への散歩でノミ・マダニをつけて帰ってくる心配がなくなります。室内で飼育されている犬の場合は散歩で家の中にノミ・マダニを入れ込むことがなくなるので、衛生的になり飼い主も安心できます。部屋の落ちたノミ・マダニが犬に再寄生しても、スポットをしていることで駆除ができます。また、部屋の床の隙間で産卵して孵化した場合でも犬に再寄生して死滅します。

投与後2日間はシャンプーや泳ぎなどを行なうと、予防効果が減少する可能性がありますので、しないように気をつけましょう。

フィプロフォートの副作用について

フィプロフォートは他の薬と併用が出来ない薬があるため、他の医薬品やサプリメントの服用をフィプロフォートと同時にされたい場合は、獣医師に確認の上判断してください。

フィプロフォートの副作用は、殆どないようですが稀に皮膚の脱色や斑点、嘔吐が現れる場合があります。投与後にこのような症状が現れた場合は獣医師の診断を受けて下さい。

犬が舐められない肩甲骨に投与を行なうのですが、フィプロフォート投与後に万が一、犬の口から体内へ薬が入ってしまった場合、薬の濃度の違いが大きいので、犬の健康に害を及ぼす可能性があります。命のかかわる危険性は大きくありませんが、投与後は投与した部分を舐める行為には充分に注意して観察をしておきましょう。

フィプロフォートの注意点について

効果は1ヶ月持続しますが、1週間に1回以上のシャンプーを行なった場合、フィプロフォートの効果を軽減する可能性があります。シャンプーは必要最低限に抑えて行なうことが効果を持続させますので注意しましょう。

フィプロフォートを投与する際に人の目に薬が入ってしまった場合は、直ぐに流水で洗い流すようにしてください。目に刺激を感じる場合は眼科の診察を行なってください。また、投与時に人間の皮膚に誤ってついてしまった場合は、石鹸で良く洗い、しっかりすすぎ落としてください。皮膚に刺激を感じる場合は、皮膚科での診察を受けてください。投与の際は手についてしまうことが多くありますので、充分に気をつけて投与を行ってください。

投与後の犬の被毛は、乾くまで人も触れないように気をつけて犬とスキンシップを取ってください。

ペットの薬通信販売サイト

サイトマップ

Copyright(C)2016 www.bombacarta.net All Rights Reserved.